エラ削りの流れやして良かった点

顔の大きさがコンプレックスでエラ削りに出会う

顔の大きさがコンプレックスでエラ削りに出会う : カウンセリングを受けて悩んだが手術を決意 : 術後半年後には小顔を手に入れスタイルが良くなった

小さな頃はそれほど気にしていませんでしたが、中学生になった頃から自分の顔が周りよりも大きいのではないかと気になるようになりました。
高校生になるとさらに気になり、メイクで小顔に見えるように研究して見たり、顔に髪の毛が多めにかかる髪型にしたりもしましたが、やはり努力では限界があり、コンプレックスになってしまっていて、あまり他人に顔を見られたくないとまで思うようになっていました。
顔が大きいせいでスタイルも悪く見えて、おしゃれも楽しくないし社会人になってからは仕事以外ではあまり外出しないようになっていて、このままではダメだと思い美容整形を考えたのがエラ削りに巡り会えたきっかけです。

調べてみると小顔にする方法はかなりたくさんあることがわかり、どの方法が適しているのかもわからないし、とりあえず美容整形外科に行き話を聞いてみようと思いました。
もちろん美容整形外科に行くことは初めてで、敷居が高いというイメージがあったので、カウンセリングの予約をするのも勇気がいりましたが、電話での対応がとても丁寧だったので少しホッとし、カウンセリング当日に足を運びやすい気持ちになれたので良かったです。
カウンセリングは医師がしっかり対応してくれて、顔の大きさ対するコンプレックスを親身に聞いてくれたので、それだけでも少し心が楽になりました。