エラ削りの流れやして良かった点

カウンセリングを受けて悩んだが手術を決意

小顔にする方法は様々なものがあると説明してもらえましたが、その中でもエラ削りが永久的な効果があり、私の顔に効果的だと教えてもらえました。
もちろんエラ削りはリスクも高くダウンタイムも厳しくなるという説明もあったので、どうするかかなり悩んだしその場では決断することはできませんでした。
でも、エラを削った場合どのような仕上がりになるかというシミュレーションの画像も見せてもらえたり、実際に施術を受けた人のビフォーアフターを見せてもらうと、さらに興味も湧いたしとても羨ましくなりました。
金銭面の負担もあるしどうするべきか数日悩みましたが、社会人として働いていて自由になるお金もあるし、このまま一生悩んで自分に自信が持てないままは嫌だと思ったので、手術をする決意を固めました。

どなたかがTweetしてらっしゃいましたが

『エラ削り(切り)』手術をした際の、『エラ』を、ほうれい線プロテーゼ代わりに出来る様です

エラと一緒に、貴族手術をされる方はクリニックに聞いてみて下さい☺

— ぽぽ美 (@popomi_biyou) 2019年5月1日
その後はさらに医師と話し合いを重ねて、いざ手術糖質を迎えました。
医師を信頼していましたが、それでもやはり不安でしたが、看護師や医師が落ち着かせてくれたし、手術自体は全身麻酔で意識もなくなっている間に行われたので、当然なにも覚えてはいません。
目が覚めた時には全て終わっていて、まだ麻酔が効いていてぼんやりとした意識でした。
その後医師が来てくれて、無事に終わったと言われた時には嬉しかったです。

顔の大きさがコンプレックスでエラ削りに出会う : カウンセリングを受けて悩んだが手術を決意 : 術後半年後には小顔を手に入れスタイルが良くなった